rental

自分自身も美しいと思える振袖選び

紫の着物

私は振袖を祖母に買ってもらいました。知り合いに呉服やさんをされている方がおり、その方の付き添いでホテルで催されていた展示会に祖母、母と共に行き、実際にいくつかの振袖を着させていただいた上で決めました。私は青色が好きで、洋服選びの際も青系を選ぶことが多かったので一目見て気に入ったものも総しぼりの青色の振袖でした。羽織ってみると値段が高いこともありすごく上品で祖母も母も私もとても気に入りました。
しかしそこでパッと目に入ったのがそのとなりに展示されていた赤色の総しぼりのお着物でした。好きな青色の着物が素敵でそれ以上のものはないと思っていたのになぜか目に入ったのでそちらも着させてくださいとお願いし、試着をしました。するとさっきの青色の振袖よりも顔がきらきらとはっきり目立ち、すごくしっくりときたのです。そこからはもうどの振袖を着てみてもぼんやりとした印象で、結局なぜか目に留まったその赤色の生地で振袖を作ることになりました。
自分に合うものを見つけたときは、周りで見てくれている人もわかるようで、この場合は祖母も母も着付けの方も、私の選んだものがあなたに一番合う、と言ってくれました。やはり振袖選びで大事なことは着物だけが主役ではなく、着た時に自分自身の顔や体も着物と一緒に美しく見えること、着物の生地だけの第一印象で選んでしまわないことだという風に思いました。

Contents

TOP